上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先ほどの「はじめてのコンサート4」は、
赤ちゃんが対象なので午前中のコンサートになっていました。
もう一つのコンサートは、中・高年対象なので午後なのです。

DL000001.jpg DL000002.jpg

DL000003.jpg 091023ikiki002.jpg 

091023_ikiki05.jpg 091023_ikiki07.jpg

DL000004.jpg DL000007.jpg

DL000005.jpg DL000008.jpg

DL000009.jpg DL000012.jpg

DL000011.jpg DL000013.jpg

DL000010.jpg DL000006.jpg

スポンサーサイト
10月23日(金)に行われた、
「はじめてのコンサート4」と「練馬いきいきコンサート」が
盛況のうちに無事終了しました。

そのうちの一つ、0歳からの「はじめてのコンサート4」
ご紹介しますね。

今年で4回目となった0歳からの「はじめてのコンサート4」は、
初めての試みとしてJAZZヴィブラフォン奏者板垣 誠さんを迎えてのコンサートとなりました。

赤ちゃんコンサートでJAZZを入れるというのは非常に珍しいのですが、
板垣さんは長年にわたって本業のコンサートの他に、ファミリーのためのコンサートや、幼稚園・保育園でも演奏しているという、私達にとってはとても有難いミュージシャンなのです。

この日は、新型インフルエンザの猛威を受けて、本番3日前にお子さんからインフルエンザをもらってしまった、ピアニスト尾畑瑞香さんに代わり、ピアニスト佐藤麻以子さんが急遽代役を買って出ていただいたという、綱渡りもありました。

091023_baby4_0002.jpg 091023_baby4_0004.jpg

コンサートはそのピアニスト佐藤麻以子さんから始まり、続いてJAZZヴィブラフォンの板垣 誠さん、そしてヴィブラフォンと素敵なコンビを組んでいただいたソプラノの大城みほさんが登場、ソプラノとヴィブラフォンでのコラボレーションは会場内の赤ちゃんたちも魅了したようです。

091023_baby4_0000.jpg 091023_babyt4_0000.jpg

091023_baby4_0001.jpg 091023_baby4_0003.jpg

前半のソロ・コンサートが終わると、歌のお姉さんの登場です。
待ちに待ったとばかり体を大きく揺すりながら、お姉さんと遊んでいく幼児たち、そしてお母さん。

091023_baby4_0009.jpg 091023_baby4_0005.jpg

いつもながらの絶妙なトークと幼児たちをグイグイと引きつけていく
湯原千史さんのただただ感心するばかり、前半の出演者も助っ人に加わり、あっという間にフィナーレになってしまいました。

091023_baby4_0007.jpg 091023_baby4_0006.jpg

また来年も会いましょうね。

091023_baby4_0008.jpg 091023_baby4_05 0000

さようなら、またね。
そのころはもうちょっと大きくなっているかな?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。